クラウドソーシング シュフティ

ライティングやデータ入力、事務作業などのお仕事を優秀な在宅ワーカーに依頼できます!!

  • データ入力

    ¥20〜

    名刺1枚の10項目をデータ入力する場合

  • データ収集

    ¥10〜

    指定のWebページから特定の情報(5項目)をコピペで収集する場合

  • ライティング・記事作成

    ¥100〜

    400字(原稿用紙1枚)の簡単な文章を作成する場合

  • 資料作成

    ¥500〜

    プレゼンテーション資料を1ページ作成する場合

  • 口コミ・体験談

    ¥100〜

    400字(原稿用紙1枚)の口コミ・体験談を作成する場合

  • アンケート回答

    ¥50〜

    10の選択式設問のアンケートに回答してもらう場合

  • バナー作成

    ¥1,000〜

    素材・原稿などを提供して、バナー1枚を作成する場合

  • 商品登録

    ¥30〜

    商品名、商品番号、価格、在庫数などの4項目を登録する場合

  • テープ起こし

    ¥500〜

    10分の音声データを素起こしする場合(ケバ取りあり)

多くの企業さまにご利用いただいています

優秀な在宅ワーカーがあなたをサポートします

シュフティは企業様の「困った・・・」を解決します

安全なお仕事依頼のための取り組み

ご利用事例(企業さまの声)



企業さまのご利用事例一覧はこちら

優秀な在宅ワーカーを探す

依頼中のお仕事を見る

報酬総額768,901,583

お仕事プラットフォーム シュフティ!

シュフティはデータ入力やライティングなどの事務作業を在宅ワーカーに
お仕事を依頼できるWEBサービスです。
シュフティのことを120秒でわかる動画をご用意いたしました。
ご参考までに是非ご覧ください。

クラウドソーシングの成り立ち

最近頻繁に聞かれるようになった「クラウドソーシング」という言葉ですが、これはインターネットを通じて不特定多数の人(主に個人)に仕事を依頼し、適性なスキルをもった人がその仕事を受託するというサービスです。90年代末よりアメリカで発展し、当初はソフトウェア開発者向けのサービスでしたが、現在ではデザインや翻訳、事務作業のような分野でも多く利用されています。近年、このようなサービスの市場が大きくなってきた理由としては、企業が人材を採用し、育成する負担に余裕がなくなってきた実情があります。

海外のクラウドソーシング

ここ数年、日本でも飛躍的に進化してきたクラウドソーシングですが、海外、特にアメリカでは早くから隆盛を見ていたこともあり、日本とは少し違う性格を持っています。草分けとも言えるのがElanceで、oDeskとともにソフトウェア開発の依頼が中心になっています。日本と違い、主婦がお小遣いを稼ぐためにするデータ入力や記事作成(ライテイング)、テープ起こしなどのような単純作業は少ないのですが、他にも翻訳など、初心者ではなく専門スキルのある人が活用出来るサービスが基本になっています。

クラウドソーシングで流通しやすい仕事とは?

クラウドソーシングでは多種多様な仕事が流通していますが、中でも流通しやすい仕事は、出社の必要がなくインターネットだけで打ち合わせが可能な、いわば”世界中どこにいてもできる”仕事だと言えます。クラウドソーシングで見られる主な仕事の形態は、複数の受注希望者から依頼先を選出し契約するプロジェクト方式、ロゴやバナーのデザインなど、提出された作品の中から選ぶコンペ方式、初心者でもできる作業などに用いられ、気軽にエントリー可能なタスク方式などがあります。特にプロジェクト方式では、翻訳やデータ入力、ライティングといったものだけでなく、ウェブサイト制作やプログラミングなど、専門的なスキルが必要な仕事も流通しており、全般的に利用されています。

クラウドソーシングのメリット・デメリット

発注側と受注側双方から利用されているクラウドソーシング。それぞれ違うメリットとデメリットがあります。受注側にとってのメリットとしては、働く時間を自分で選べる、やりたい仕事を選べる、出社しなくて済むなど。デメリットとしては一人きりでの作業になる、報酬が安いことが多い、相手が見えにくいなどが挙げられます。発注側にとってのメリットは、必要な時だけ依頼できる、自分でできない作業をやってもらえる、一人でやるよりも効率的に仕事を進めることができるなど。デメリットとしては相手は見ず知らずの人であること、情報漏洩の危険があるなどが挙げられます。それぞれのデメリットを回避しつつメリットを活かすことが上手に利用するコツと言えます。

日本におけるクラウドソーシングの今後の展開

すでに海外では定着しているクラウドソーシングですが、ここ数年で日本でも認知度が高まり、現在では多くの企業や個人に利用されています。特に2011年の震災後、日本人の仕事に対する価値観の変化や都心一極化の危険性が露呈されたことなどによりさらなる広がりを見せています。矢野経済研究所のレポートでは2013年度のクラウドソーシング市場規模について、依頼金額ベースで前年度と比べて230.9%伸びると予想されています。発注する企業にとっては、効率よく良質な人材を確保でき、受注する側にとっては自由に働くことができるクラウドソーシングの市場は今後も発展し続けていくでしょう。日本におけるクラウドソーシングの今後の展開は未知の可能性を秘めているとも言えそうです。

「クラウドソーシングのシュフティ(shufti)でお仕事格安依頼」のページ上部へ戻る