このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

【大募集】泣ける話、感動する話など『深い話』記事作成ライター募集

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

1,000円

(1件あたり)

募集人数

上限なし

応募ワーカー数

19

募集状況

募集停止

閲覧された数:441 回  お気に入り登録:4 人  質問:0 件  受注した在宅ワーカー:0

依頼タイププロジェクト

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

募集開始日2014-01-16

納品希望日未定

仕事内容

■お仕事の内容
・ほっこり和める話
・せつない恋愛や家族の愛を感じる話
・号泣する話
・思わず泣けてしまう話
など、深い話の記事作成。


■数量
初回1記事の制作からお願いしますが、継続的にご依頼できるような方を探しています。
文字数については500〜2,000文字で考えています。
よい関係を結べそうであれば以降もご依頼出来ればと思います。

その後、最大20記事/月ありますので可能な範囲でお願いします。
作成完了した記事からお送りください。


■応募条件
・ご自身で調べて記事を書ける方
・必要な際、電話やスカイプなどで打ち合わせが可能な方
・著作権を遵守できる方(盗用は犯罪です)


■報酬
1記事あたり1,000円(税込、手数料込)


■注意事項
・記事作成をして頂く際、書籍やウェブ上の文章を参考にして頂いても構いませんが文章やフレーズのコピペやリライトは厳禁です。完全オリジナルの記事作成をしていただきます。
上記が発覚した場合はお支払ができませんのでお気をつけください。

・弊社にて内容確認後、納品となります。
原稿修正の依頼をさせて頂く場合もございます。
その際は弊社依頼に沿った形で修正し、再度、納品して頂きます。

・本依頼により制作された著作物の権利に関しましては、納品と同時に全て譲渡頂きます。

・納期は厳守でお願いします。


★★★ サンプル記事 1 ★★★

ヘタレプログラマーは、今日も仕事で疲れきって、遅くなって家に帰ってきた。
すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。

「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」

「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」

「なんだ?」

「パパは、1時間にいくらお金をかせぐの?」

「お前には関係ないことだ」

ヘタレプログラマーである父親はイライラして言った。

「なんだって、そんなこと聞くんだ?」

「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」

女の子は嘆願した。

「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」

女の子は言った。

「わぁ!ねえパパ。私に10ドル貸してくれない?」

「なんだって!」

疲れていた父親は激昂した。

「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」"

"女の子は、黙って自分の部屋に行った。しばらくして、父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない・・・。たぶん、娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。それに、今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・男は、娘の部屋に行くと、そっとドアを開けた。

「もう、寝ちゃったかい?」

彼は小さな声で言った。

「ううん。パパ」

女の子の声がした。少し泣いているようだ。

「今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ・・・ほら。お前の10ドルだよ」

女の子は、ベットから起きあがって、顔を輝かせた。

「ありがとう。パパ!」

そして、小さな手を枕の下に入れると、数枚の硬貨を取り出した。父親はちょっとびっくりして言った。

「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」

「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」

女の子は答えた。そして、10ドル札と硬貨を父親に差しのべて・・・

「パパ。私,20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」


★★★ サンプル記事 2 ★★★

娘千春が逝ってから、もうすぐ1年。
千の春を迎えられる位長生きして欲しいという願いを込めて名をつけたのに、
あの子はたった7つの春しか迎えられなかった。
先天性の免疫不全症候群で、生まれてから一度も病室の外に出ることはなかった。

「いつになったらお外へ出れるの?」

悲しそうに呟くあの子の姿が今も目に焼き付いている。
結局、生あるうちにその願いは叶えられないまま終わった。

小さな身体で懸命に、最後まで、生きることを諦めなかった千春。
闘って、闘って、闘い抜いた千春。
とうとう力を使い果たして、眠るように逝った千春。

「よく頑張ったね、えらいぞ、1等賞だ。だからね、もういいからね、おやすみ」

主治医の先生が看取った時に、優しく千春の頭を撫でながらそう言って泣いていた。
私は主人と一緒に泣きながら、そんな先生に何度も何度も頭を下げた。

小さかった千春をもっと小さな一握りの灰と骨にして、海と山に撒きました。
外の世界に焦がれ続けていた千春を、また狭くて暗い墓の下に閉じ込めたくなかったので。

千春、千春、今あなたはどこにいるの?
空? 海? 山? 幸せでいる?
今はまだ、あなたのことを思い出すと涙があふれて止まらないよ。
おかあさんの娘に生まれてくれてありがとうね。
またいつか会おうね。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

仕事を発注された在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

見積りを提出した在宅ワーカー 

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【大募集】泣ける話、感動する話など『深い話』記事作成ライター募集」のページ上部へ戻る