【600文字】キーワードについて文章を書こう!!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

150

(1件あたり)

募集件数

2635

作業ワーカー数

19

募集状況

終了

閲覧された数:477 回  お気に入り登録:2 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-11-24

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【600文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
■概要
--------------------------------------------

キーワードについて説明・紹介文を作成して下さい。

--------------------------------------------

■文章の書き方
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
 (※多少の主観はOKです。但し、個人的な日記や空想、主観表現の乱用はNG×)

--------------------------------------------

例文

住宅ローンを組む際には固定金利型か変動金利型かを選択することになります。金利が上昇している時には固定金利型が、市場金利が下降している時には変動金利を選ぶことがセオリーとなっています。しかしながら、市場金利が上昇するか下降するか当てることはなかなか困難なことです。この点が住宅ローンを組む人を悩ませている原因ともなっています。このような悩みに応えるような住宅ローン商品が、最近、登場しました。それはミックス金利型の住宅ローンです。ミックス金利型とは、2つの金利タイプを合わせることができるということです。変動金利と固定金利の組み合わせはもちろんのこと、年数の異なる固定金利を組み合わせることができるのです。さらには、変動金利と変動金利を組み合わせるということもできます。この変動金利と変動金利の組み合わせは、一見、無意味のように見えますが、金利タイプを変更した際に効果を発揮します。つまり、金利が上昇しそうだと思った時に一方の変動金利型を固定金利型に切り替えることで、変動金利型と固定金利型の住宅ローンになるというわけです。住宅ローンを組んだ当初は変動金利の恩恵を最大限に受けることができ、さらに金利上昇時には金利を固定して余計な金利負担を回避することができるのです。金利情勢が変わり、再び市場金利が下がったとしても、一部は変動金利となっているので、金利低下の恩恵も受けられる余地を残しています。もしも、繰上返済をしていくようであれば、高い金利の住宅ローンの方からどんどん返済することで、金利削減効果を大きく出来ます。気をつけるべき点は切り替えは1回しかできないということです。つまり、変動金利型から固定金利型に変更したものを、再び、変動金利型には戻せないということです。金利タイプを変更する際には慎重な判断が必要です。なお、適用される金利は他の住宅ローン商品と同様なものです。これから住宅ローンを組もうとしている人は候補に入れてみることをお勧めします。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【600文字】キーワードについて文章を書こう!!」のページ上部へ戻る