【600文字】指定エリアの主要産業やその歴史について説明しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

210

(1件あたり)

募集件数

50

作業ワーカー数

1

募集状況

終了

閲覧された数:142 回  お気に入り登録:2 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-01-05

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【600文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
●概要
--------------------------------------------

キーワードのエリアで栄えている産業の主要エリアとその歴史、
それによってどのような職種・業務が多くなっているかを説明して下さい。

------------------------------------------

●指定事項
------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
目線:第三者目線
・多少のネガティブ(リスク・注意点)OK
・固有名詞は、文章に必要な範囲で使用OK
 (NG:企業名、ブランド名、商品名、個人名の使用はNG)

------------------------------------------

例文

長野県は戦前、製糸王国として知られ、最盛期には工場数が800余を数え、日本の生糸生産量の約3割、また県下工業生産額の約8割を占めるほどの隆盛を示しました。その後、第2次世界大戦に至り、製糸業は生糸輸出のが途絶え急速に衰退をしましたが、この間、航空機部品、光学機器、通信機、バルブ等の工場約400社が相次いで長野県に疎開してきました。その背景は長野県は、京浜・中京地区に比較的近いこと、製糸女工と工場跡を中心に良質な労働力・環境があったことです。戦後、疎開工場の大部分は引揚げないし解散しましたが、これら工場の残した技術が地元に根づいたうえ、元来の立地条件の良さ(良質・廉価な労働力、豊かな水資源、乾燥した空気)が認識され、諏訪・岡谷地区を中心にカメラ、腕時計、オルゴール等の精密機械工業が発達したほか、県内各地に電気・一般・輸送用機械関連の企業が定着しました。

機械工業は順調に発展していったが、昭和30年代?40年代前半の重化学工業全盛の時代には余り注目を浴びませんでした。しかし、昭和40年代後半の第一次石油危機以降、長野県の電気・精密機械工業も技術革新の波に乗って飛躍的な発展を遂げ、機械工業先進県として注目を集めるようになりました。とりわけ、時計、カメラ等の精密加工技術、プリンター、パソコン等の情報機器分野への進出が活発化しました。
現在では円高の進展および東南アジア諸国の技術水準の向上を背景より、海外へ生産拠点を移す動きが活発化しており、県内の製造業は一段と技術・知識集約型へのシフトが進みつつあります。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【600文字】指定エリアの主要産業やその歴史について説明しよう!」のページ上部へ戻る