【高単価】既婚者の方限定でパートナーに浮気された方へ:経験談を教えてください。

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

1,200

(1件あたり)

募集件数

10

ワーカー1人あたりの
納品数

1

作業ワーカー数

10

募集状況

終了

閲覧された数:170 回  お気に入り登録:2 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-01-31

  • 作業状況

    10 /  10 

    承認済み 承認待ち

仕事内容

現在、浮気や不倫に関するトラブルが増えてきており、浮気されて悩んでいる方への同じような境遇をシェアしたり、その後の生活の参考になるような記事を募集しております。

現在浮気されている、昔浮気された経験がある方はこちらが用意する簡単な質問に答えてください。

報酬は1,200円です。

文字数が多くなり大変と思われますが、ご自身の経験をご自身の言葉で文章にする事により簡単に作業が進むと思います。

■作業の詳細

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▲1.ご自身のプロフィール

・浮気された時に住んでいた場所(例:東京都渋谷区渋谷など、地域を細かく教えてください。)
・浮気された時の年齢(例:32歳など、覚えてない場合はだいたいでかまいません。)
・浮気された当時の職業(例:コンビニ店員、パートリーダー、専業主婦など)
・浮気相手について(例:仕事の上司、フェイスブックで知り合った人、友人)
・結婚した時期や子供の有無(例:五年前に結婚、5歳と6歳の子供が2人など)
※探偵や興信所を利用した方はその旨も記入してください。

上記5点を必ず文章に入れご自身のプロフィール文章を150文字以上250文字以内で作成してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▲2.経験談の作成

プロフィールも含めた、下記7つの質問に答えてください。
記事作成には下記文章をコピーして貼り付けてから作業が楽になるかと思います。


タイトル:28文字以上~34文字以内

1.プロフィール
文章:150以上~350文字以内

2.浮気に気付いたきっかけ
文章:250以上~350文字以内

3.浮気に気付いてから取った行動
文章:250以上~350文字以内

4.その後の対応:離婚したか関係を修復したか
文章:250以上~350文字以内

5.離婚した方は、どのように離婚したか(弁護士や探偵を使ったか)関係を修復した方は、どのように修復したか
文章:250以上~350文字以内
※どちらも浮気相手やパートナーにはどのような対応をしたのかを記入してください。

6.最後にこの文章を見ている方へのアドバイスをお願いします。
文章:250以上~350文字以内

弁護士や探偵を使った方は、使わなかった人へのアドバイスを
使ってない人は弁護士や探偵を使った方が良かったアドバイスをお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考記事URLをご確認ください。

参考URL:http://goo.gl/ap8fFf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※文章の構成に沿ってないものは承認いたしません。
また、構成に確認がわかりやすいように【1】などマークをつけてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

作業よろしくお願いします。

※アダルトな表現のワードは禁止しております。

納品条件

【タイトル】
28 文字以上
34 文字以下

【段落1】
1500 文字以上
2000 文字以下

    エリアの指定(β版)

    指定なし

    このお仕事の質問はありません。

    作業をした在宅ワーカー 

    送信中です。
    そのまましばらくお待ちください。

    このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

    送信内容のご確認

    送信内容をご確認ください。
    ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
    相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

    送信内容のご確認

    
    「【高単価】既婚者の方限定でパートナーに浮気された方へ:経験談を教えてください。」のページ上部へ戻る