【800文字】【水素水】テーマに沿ってコラムを書こう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

280

(1件あたり)

募集件数

26

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:51 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-02-18

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【800文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
●概要
--------------------------------------------

水素水に関するテーマに沿って、コラムを作成して下さい。


想定読者:
水素水の購入を考えている、または、水素水についての情報が欲しい人

記事の方向性:
水素水についての理解が深まる内容

使用先URL:
http://水素水探偵団.com/comparison/キヨラビ-ナノ水...

--------------------------------------------

●指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・目線:第三者目線
・優劣をつける表現OK
・ネガティブな内容OK
・固有名詞は、文章に必要な範囲で使用OK


※本文は、2段落~4段落程度の段落にわけて書いて下さい。
※小見出しは2個以上作成して下さい(例文参照)

※サンプル記事はほぼプラスの内容で書かれていますが、マイナスの内容もあれば書いて頂いて問題ございません。(例:水素濃度が低い、水素が抜けやすいパッケージである等)
--------------------------------------------

例文

<「水素水って何?」「効果」「疑問」「その他」カテゴリのサンプル記事>
タイトル:
名前から難しくてやっぱりよく分からない!酸化還元電位と水素含有量って結局なに?

本文:
近頃、芸能人が愛用しだしたり、水素が含まれる商品が続々登場しだしたりと、
その話題性からとりあえず水素っていいらしい!と、その存在に対する認知度は高まっていますよね。

でも「水素」と聞くと、どうしても、学校で化学記号を習った時に出てきたやつ、という印象がありませんか?

そのせいか、水素って美容と健康というよりはどちらかというと化学的要素が強い気がしたり、水素水のパッケージや説明には、
やっぱりちょっと化学的な匂いのする「酸化還元」やら「水素含有量」などのよく分からない数字や単位が並んでいて、
結局それって何がどのくらいだったらどんな感じにいいの??って思いますよね。

ここでは、水素水を選ぶ上で大事な酸化還元電位(mV)と水素含有量(ppm)って結局なに?ということをご説明したいと思います。


・人間も酸化している?酸化還元電位って?
一般的に言われている酸化還元電位というのは、
+250mV以上 → 酸化状態
+250mV以下 → 還元状態
とされています。

酸化状態と言われてもこれもよく分からないと思いますが、分かりやすくいうと、
りんごを切って時間が経つと茶色くなってシワシワになるあの状態です。あれはりんごが酸化して起こっている状態なのです。

これは人間も同じで、酸化状態にあるとシワが増えたりシミができたり肌がたるみ始めたりと、りんごと同じような状態で、イコール老化の原因なのです。

話しは戻りますが、酸化還元電位が+250mV以上だとりんごシワシワ状態だと言うことは、
少なくとも「+250mV以下」の商品を選択しなければ効果が期待できないことになります。

ちなみに!各種お水の酸化還元電位はコチラ!

ミネラルウォーター → +200mV~+300mV(商品によって多少バラつきあり)
水道水 → +200mV~+700mV(地域により違いあり)
雨水 → +800mV~+1000mV
アルカリイオン水 → -60mV~+200mV
水素水 → -300mV?-750mV(商品によって多少バラつきあり)

これを見て驚きなのは水道水!
最近はウォーターサーバーやミネラルウォーターを利用している人も多いかもしれませんが、例えば料理のちょっとした時、食器洗い、お風呂、手洗いうがいなど、私達が普段口にしたり触れたりしている水は酸化還元電位の数値から見ると酸化状態にあるのです。

酸化状態にあると、老化が進みやすくなるというのももちろんそうですが、それだけではなく、水は口にすると体中を巡るので、血液や臓器も酸化状態になって負担をかけてしまうのです。

そして、やはり注目されているだけあって、水素水の数値も驚きですよね!
むしろ酸化状態ではないのは水素水のみなんですね。

水素水が話題になっている理由は複数ありますが、「体の酸化を還元させることができる」という点も大きな理由の1つになっています。


・その水、水素濃いの?薄いの?水素含有量って?
そして、水素含有量。分かるような分からないような表記のされ方ですが、これは水素濃度のことで、
その水、水素濃いの?薄いの?というのを数値で表したものです。

「水素水」と言っても、商品によっては水素がほとんど含まれていない場合もあったり、
抜けやすいという水素の特質から、実際に飲む時にはほとんど水素は含まれていなかった、なんてこともあります。

せっかく飲むのに本当はそこまで水素水じゃなかった!なんて嫌ですよね…
水素含有量は水素水を選ぶ上でとっても重要なポイントなのです。

でも実際、どの位の数値の水素が含まれてたら良いの?と思いますよね。

ガンなど活性酵素を大量に出した方が良い場合には、「7.0ppm」の高濃度水素水を処方している病院もあるそうですが、
健康維持、アンチエイジング等の美容の観点から言えば、「1.0ppm」あれば十分と言われています。

また、水素は多量に摂取しても、不必要な分は排出されるので、「水素を摂り過ぎる」ということはないので、その点に関してはご安心を。

ただ、7.0ppmの高濃度水素水はそのままの形では販売していません。
水素の特質上、ここまでの水素濃度を保った状態で摂取するには、その場で発生させるしかないのです。

その方法は、現在販売されているもので言うと、
専用のペットボトル(普通のペットボトルでは水素が抜けてしまったり、水素発生中に破裂することがあるので絶対駄目です!)に、水素発生剤を入れて数時間放置(7.0ppmになるには24時間)させる必要があります。

作ったり、ペットボトルを洗う手間だったり、発生までに時間がかかることを考えると、
美容や健康維持のために飲む分には、すぐに飲めて手間のない1.0ppm前後のものの方が続けやすいかもしれないですね。

まとめると、酸化還元電位は「+250mV以下」であれば体の酸化を防いでくれる。
水素含有量は「1.0ppm」あれば美容や健康維持のためなら十分。ということです。

酸化還元電位と水素含有量、今後、水素水を選ぶ時の目安の1つにしてみてくださいね。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【800文字】【水素水】テーマに沿ってコラムを書こう!」のページ上部へ戻る