【1000文字】☆承認激早☆【不動産売買】キーワードについてお役立ちコラムを書こう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

101

作業ワーカー数

1

募集状況

終了

閲覧された数:110 回  お気に入り登録:1 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-03-27

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

●概要
--------------------------------------------

不動産売買に関するキーワードに沿って、お役立ちコラムを作成して下さい。


想定読者:
不動産売買に興味のある方。不動産売買をテーマに幅広く。

記事の方向性:
不動産売買に興味のある方の役に立ってほしい

------------------------------------------

●指定事項
------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・目線:第三者目線(多少の主観OK)
・多少のネガティブ(リスク・注意点)OK

------------------------------------------

例文

中古建て購入の流れ

住宅購入となると、スーパーで今日のおかずを買うのとではわけが違いますよね。
「いくら?」「はい、〇〇円ね。」なんて風にはいかないですよね。
では一体、住宅購入はどのような流れで行っていくのでしょうか?
新築、中古、戸建、マンションと、基本的にはこの購入の流れは変わりません。
今回は、中古建て購入の流れについて見ていきましょう!

・購入物件を探す
 中古建てにすると決めたら、今度はどの中古建てにするのかを決めます。
インターネットで住宅情報を検索したり、不動産会社を訪ねてみたり等をしどの中古建てを購入するのかを決めましょう。

・住宅購入の申し込み
 どの物件を購入するのかを決めたら、申込書を提出し、申し込み金を支払い申し込みをします。
必要であれば、住宅ローンの事前調査の申し込みもします。

・住宅購入の手付金の支払いと契約
 重要事項説明書と売買契約書を事前に確認します。問題なくその条件で購入するのであれば、契約書に署名と捺印をします。また、この段階で、手付金も支払います。

・住宅ローンの本申し込み
 ローンを組む必要がある際は、申込書に記入して金融機関に提出します。
 審査と融資の承認が下りたら、そのまま購入の手続きを進められます。
もしも、承認が下りなかった場合は、購入計画を再検討、もしくは解約して購入を中止しなくてはなりません。

・引き渡し前の売主、買主、業者での立会い
購入物件の建物状況の確認をします。また、この時、隣の建物との境界線や、補修工事、その他この建物を購入するに当たって必要なことの確認は全て行うようにしましょう。
特に、中古での購入のさいには、ここの確認次第では今後のトラブルにも影響してきます。

・残代金の支払い
 上記全ての確認が完了し、本当に購入することが決定したら、住宅ローンの融資実行と残代金の支払います。

・引き渡し
鍵の引き渡しをし、登記申請を行います。


以上が住宅購入をするに当たっての大まかな流れとなります。
イメージはできましたでしょうか?
確かに、スーパーでの買い物のようにはいきませんが、しっかりと流れを理解しておくことで、何も慌てる必要はありません。
ただ、時間はかかることなので、あらかじめ、段取りを頭に入れて、しっかりスケジュールを組むように心がけましょう。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】☆承認激早☆【不動産売買】キーワードについてお役立ちコラムを書こう!」のページ上部へ戻る