【800文字】テーマに沿って説明しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

280

(1件あたり)

募集件数

199

作業ワーカー数

4

募集状況

終了

閲覧された数:187 回  お気に入り登録:4 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-04-15

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【800文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
■概要
--------------------------------------------

キーワードのアイテムについて
テーマに沿って、文書を書いて下さい。

【想定読者】
40代以上の高価古物をお持ちの女性層(主婦層)

【記事の方向性】
各アイテムを持っている方や興味を持っている方へ、アイテムのことをさらに知って欲しい

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます調」
・目線:第三者目線
・固有名詞は、文章に必要な範囲であれば使用OK

※本文に沿ったタイトルを作成して下さい。

▼表記の統一:言い換え一例
×「お客様」⇒  ○「あなた」
 →記事を読んでいる個人に向けての表現を徹底して下さい。

--------------------------------------------

例文

【OK例】
▼◯◯の歴史・特徴について(例:着物の歴史について)
古くから存在する着物ですが、現在のような形になったのは平安時代以降とされています。それ以前の古代から奈良時代にかけてはズボン型あるいはスカート型の衣服と上衣の組み合わせか、ワンピース型の衣服が大半を占めていました。
しかし、平安時代に入ると着る人のからだの線にとらわれず、布地を直線に裁ち、縫い合わせる方法(直線裁ち)で着物が作られるようになったのです。直線裁ちの着物は簡単にたためるうえ、寒いときには重ね着ができ、暑い夏には麻などの涼しい素材を使うなど、さまざまな工夫が取り入れられて、多くの種類の着物が作られていきました。
こうして今のような形の着物は、日本人の生活の中に溶け込んでいったのです。

【NG例】
▼買取に関わる内容(例:友禅の価値と買取について)
歴史ある友禅の着物は毎日着てこそその価値が発揮できると思います。ですが現代で頻繁に着物を着る機会はありません。タンスに眠って待っている着物も多いのではないでしょうか。それではせっかくの着物がもったいない。着てもらえる人、その歴史の価値のわかる人に委ね、着物の息吹を吹き返してあげませんか。
加賀友禅や京友禅といえば高価なものという印象をお持ちだと思います。ではいったいどれほど高価なのでしょうか。これらは古い歴史の昔から全ての工程を人の手によって行います。その職人の手間ひまが効果になる所以です。眠っている着物の価値がどれほどのものか、査定をしてみるのもいいですね。

※NG理由
 ・買取、査定、鑑定に関わるタイトル・文章のためNG

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【800文字】テーマに沿って説明しよう!」のページ上部へ戻る