男性不妊の問題(疑い)を抱えている方の体験談を募集します。初心者・主婦(夫)歓迎【1000文字以上】

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

206

(1件あたり)

募集件数

14

ワーカー1人あたりの
納品数

1

作業ワーカー数

4

募集状況

終了

閲覧された数:143 回  お気に入り登録:1 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-04-15

  • 作業状況

    4 /  14 

    承認済み 承認待ち

仕事概要

男性不妊の問題(疑い)をかかえている方の体験談を1000文字以上で書いてもらうお仕事です。男性、女性とわず、妊活中、妊活経験者、妊活に関心のある方からのご応募をお待ちしております。

仕事内容

男性不妊の問題(疑い)を抱えている方の体験談を募集します。

先日、男性の不妊症に関する実態調査結果が発表されました。

横浜市立大学 生殖医療センターが、全国の専門医や患者など約600人を対象に調査をしました。

その結果、男性の不妊患者は2014年の1年間だけで、7,253人いて、そのおよそ8割が「無精子症」でした。

さらに、男性の不妊患者にヒアリングしたところ、

約半数の47%が女性の検査が終わってから男性が検査を受けていて、女性が1人で不妊治療をしている実態が明らかになりました。

なかには、女性がだけが、2~3年不妊治療を続けた結果、男性側を調べると「精子がなかった」ということもよくあるとのことです。

不妊治療は夫婦の協力のもと、同じタイミングではじめるのが良いのですが、男性側の意識の低さ、プライドが邪魔して、夫婦で一緒に検査を受けるといったのは難しい現状があります。

こうった問題にくわえて、色々な悩みがあると思います。

たとえば、

・上記のような夫婦の協力体制
・病院選び
・通院の苦労
・病院の環境
・医師の対応
・費用の問題
・不妊治療のストレス

といったものです。他にもそれぞれに色んな問題があると思います。

今回は、それらの体験談を募集したく、お仕事をお願いしています。

---------------------------

体験談は1000文字以上で書いてください。
やや多めの文字数になりますが、次ような流れを参考に書いてもらえれば、1000文字以上になると思います。

もちろん、下記の流れにとらわれず、ご自身がイメージした流れで書いてもらってもOKです。

・妊活をはじめたきっかけ
・現在の妊活(不妊治療)の状況
・男性不妊について意識したきっかけ
・夫婦の協力体制について
・通院している方は、病院の環境や対応など
・旦那さんが協力している場合、男性不妊と分かってからの夫婦の関係
・言われて傷ついた言葉、救われた言葉
・これからの不安や考え方について

上のような項目を参考にしつつ、あなたの体験や考え方をプラスして書いてください。

また、※【作成した文章のタイトルを30文字以上でつけてください。】

何かご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。
たくさんの方からの応募をお待ちしております。

納品条件

【タイトル】
30 文字以上

【段落1】
1000 文字以上

    エリアの指定(β版)

    指定なし

    このお仕事の質問はありません。

    作業をした在宅ワーカー 

    送信中です。
    そのまましばらくお待ちください。

    このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

    送信内容のご確認

    送信内容をご確認ください。
    ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
    相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

    送信内容のご確認

    
    「男性不妊の問題(疑い)を抱えている方の体験談を募集します。初心者・主婦(夫)歓迎【1000文字以上】」のページ上部へ戻る