【1500文字】キーワードを使ってコラム・ハウツーを書こう

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

375

(1件あたり)

募集件数

10

作業ワーカー数

1

募集状況

終了

閲覧された数:122 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-05-19

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1500文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
●概要
キーワードについて、指定にそってコラム・ハウツーを書いてください。


●作成ルール
文末表現:です・ます調
目線:メディア運営者としての目線


●注意点
固有名詞:使用可
ネガティブ表現:リスクの説明や注意点は可


●参考情報
想定読者:牡蠣が大好きなひと。オイスターマニア
記事の使用先:非公開

例文

仕事がら、海外出張が多いこともあって世界中のオイスターバーを巡って、かなりの牡蠣通に。そんなオイスターバーで食べ比べをした中で、絶品の牡蠣を食すととのできる、おすすめオイスターバーをご紹介。 第一印象は最悪だった、牡蠣との出会い 子供の頃は見た目がグロテスクで触感も子どもながらに見向きもしなかった牡蠣ですが、歳を重ねるにつけ、旨みというものを知ってしまってからは、あの独特のクリーミーな味が病みつきになってしまいました。 仕事がら世界中の色々な町を訪れることも多く、パリでも、ボストンでも、ニューオーリンズでも、シドニーでも、世界中で生牡蠣のあるところを見つければ必ずと言っていいほど、食しまくってきました。 遂に辿り着いたシアトルにあるオイスターバーでの牡蠣との巡り合い オイスターバー 食べ比べ そんな「食べ比べ」の中でも一番のお気に入りがアメリカ西海岸のシアトルの街。 日本からは意外と近くて、ひと眠りするとすぐに着いてしまうほどの「近場」であり、アメリカ人の住みたい町ランキングでは常に上位にも選ばれる小都市ですが、スターバックスコーヒーやシアトルズ・ベスト・コーヒー、タリーズの発祥地でもあり、あの味覚には大雑把と言われるアメリカの中で、あんなコクのある味が生み出されたのか不思議に思うこともある食通の街でもあります。 そんな街の中でも抜群の味を誇るのがシアトルの牡蠣。もともと入り江の奥に位置したロケーションも良かったのか、牡蠣の生産地としても格好の地で、牡蠣のネーミングも基本的には近隣の湾の名前から来ているものが殆どです。 最近ではここからの代表的なブランド数種類かについては、日本でも見かけるようにもなってきています。 おすすめのオイスターバー オイスターバー Elliott’s Oyster House オイスターバー 食べ比べ そして、ついに巡り合ったのが、シアトルの綺麗な海岸沿いの埠頭に位置するELLIOTT’Sというシーフードレストラン。綺麗な港の景色を眺めながら、食する牡蠣がもう最高なのです。 ここではまるでワインのように、何々湾のどの種というように実に多種の牡蠣が存在しており、それぞれ異なった味で「牡蠣好き」を心行くまで堪能させてくれます。 オイスターバー 食べ比べ オイスターバー 食べ比べ 一概に小粒な種類が多く、さっぱり系からミルキーさタップリのものまで、これほど多種類の牡蠣があったのかと驚かせてくれるほどの圧倒的なバリエーションで、それらを色々なワインをテイスティングするように選んでいきます。そのときの至福感は牡蠣好きにとって最高の幸せな時ともいうもの。季節にもよりますが、年中20~30種の牡蠣が食べられ、世界中で一番品揃えが凄いのではと思わせるほど。 http://www.yelp.com/biz/elliotts-oyster-house-seattle-2 オイスターバー&シーフードレストラン IVAR’S 埠頭沿いのすぐ近には「IVAR’S」という名前のオイスターバー&シーフードレストランもあります。 観光客には有名な店でありもちろんオイスターも揃っていますが、IVAR’Sの一番の「売り」はクラムチャウダー。クラムチャウダーといえば西海岸ではサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフが有名ですが、シアトルもなかのもの。ただ個人的な好みでいえば、これもやはりELLIOTT’Sの方がおいしく感じます。あの豊かな磯の香りとポテトのうまみが見事にマッチしていて、アメリカでもこんなコクのある料理があるんだと感激させてくれます。 ここでのお決まりのディナーコース カラマリ(イカリングのフライ) オイスタープレート(好みの牡蠣を自由に選択) 一人6個~10個くらい。あれば必ずKUMAMOTOも注文。文字通り、日本の熊本から取り寄せた種をもとにした品種で、日本よりも先に海外で有名なブランドになりました。シアトルでも一番人気です。 クラムチャウダー ダンジネスクラブ(蟹一匹) これらと共に、数多くの種類が用意された白の牡蠣ワイン(店のお勧めの地元ワシントン州産のワインが中心です)を加えて合計約10,000円ほど。 アメリカでの食事としてみれば高価な部類ですが、日本で同じことをやるとすればずっと高価であろうことは容易に想像できます。 最近では日本でもいろいろな種類の牡蠣を食べられるオイスターバーも増えてきましたが、このELLIOTT’Sをお手本にしたのではと思わせるほどのものであり、アメリカでこれほど美味しいものにありつけるなど、奇跡的とさえ思ってしまいます。 なお地元の人気店でいつも混み合っているので、日本から行くときは事前にネット予約しておくことをお勧めします。 ちなみに東京では五反田の東京オイスターバーがお気に入りです。このあたりはまた後日。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1500文字】キーワードを使ってコラム・ハウツーを書こう」のページ上部へ戻る