【1000文字】【不動産投資】テーマ・見出しに沿ってお役立ちコラムを作成しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

22

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:34 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-07-20

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
■概要
--------------------------------------------

不動産投資に関するテーマ・見出しに沿って、
キーワードを使用して、お役立ちコラムを作成してください。


想定読者:
不動産投資に興味のある人。不動産投資を始めようと思っている人。
マンションの不動産投資に興味のある人。

記事の方向性:
マンション・不動産投資に興味のある方の役に立つ

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・目線:第三者目線
・比較:NG
・ネガティブ:リスク・注意点等はOK
・固有名詞:文章に必要な範囲であればOK
 (×NG:企業名・サービス名・商品名の使用はNG)

--------------------------------------------

例文

不動産投資の始め方とポイント


近年注目を集めている不動産投資ですが、実際に始める場合、どんな点に注意するべきか解説します。不動産はその場で購入して終わりではありません。その後何十年と運用していくものですので、失敗しない投資となるようなポイントをピックアップします。

ローリスクミドルリターンの不動産投資
昨今、一般の方の投資に関する関心が非常に高まっています。これは高齢化社会を迎え、年金制度に限界がささやかれ始めている現代社会という背景があるからに他なりません。生命保険などの商品を購入して年金の足しにするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その保険よりも投資パフォーマンスに優れており注目されているのが不動産です。仮に老後の10年間で年間100万円の収入を得るという条件の場合、生命保険では月々約8万円の支払いが必要と言われています。一方不動産投資ではローンの返済がほぼ家賃収入から行われるため、オーナーの月々の支払いは6000円程度で済む場合が多いです。よって一般の保険より10倍以上お得であると言えます。立地のよい物件を選べば、コンスタントに家賃収入が見込め、運用は管理会社に一任できるため手間もかからないことからも、ローリスクミドルリターンの投資と言えるのではないでしょうか。

投資物件を選ぶポイント
不動産と言ってもさまざまな種類がありますが、投資用の物件として選ぶ場合は、新築の単身者向けマンションが第一候補と思ってください。アパートについては1棟買いが原則となっているため、マンションのように部屋ごとの保有が難しいのです。これはつまり、投資を開始するに当たって、土地を取得してアパートを1棟購入してと、初期費用が高額になってしまうだけでなく、運用の手間もかかるということになります。よってアパートは一般の方が投資として始めるには非常に敷居が高くなってしまいます。中古物件については物件にもよりますが、メンテナンス費用がかさむ傾向にあるため、避けたほうがよいでしょう。ファミリー向けマンションについてはワンルームマンションより回転率が低いですが、裏を返せば空室リスクが高いということになりますので、避けたほうが無難です。

気になるリスク
投資にリスクはつきものですが、不動産投資におけるリスクはどんなものがあるでしょうか。まずは空室リスクでしょう。空室になることによって家賃収入はストップしますので、一番気にされている項目といっても過言ではありません。このリスクは物件選びの段階で極力減らしておくのが懸命です。今後日本の人口は減少していくと言われていますが、都心部に限っては今よりさらに人口が増えると言われています。つまり都心に近い物件を保有することで空室リスクを減らすことが可能です。また管理会社によっては空室期間の費用補填をおこなってくれるところもありますので、問い合わせてみるとよいでしょう。
次に物件リスクと呼ばれる、自然災害等で物件が貸し出し不能に陥ってしまうリスクです。こちらもしっかりと対策がなされた新築物件を選択することでリスクの低減ができ、運用中の不安も払拭できるのではないでしょうか。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】【不動産投資】テーマ・見出しに沿ってお役立ちコラムを作成しよう!」のページ上部へ戻る