【1000文字】【不用品回収・買取、遺品整理】キーワードに沿って、お役立ちコラムを作成しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

100

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:46 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-08-25

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

●概要
--------------------------------------------

不用品回収・買取、遺品整理に関するタイトル・キーワードに沿って、
お役立ちコラムを作成してください。


想定読者:
不用品回収・買取、遺品整理を頼もうと思っている人。
または。業者を探すために情報を集めている人。

記事の方向性:
不用品回収・買取、遺品整理の興味のある方の役に立つ。

--------------------------------------------

●指定事項
--------------------------------------------

・文末表現:です・ます調
・目線:第三者目線
・ネガティブ:リスク・注意点程度はOK
・比較:NG
・固有名詞:文章に必要な範囲で使用OK
 (×NG:特定の商品名、企業名、サービス名の使用はNG)

※不用品回収の許可について触れる際は、
 「不用品回収には廃棄物の収集運搬の許可が必要」と述べて下さい。
 →一般産業廃棄物収集運搬と産業廃棄物収集運搬許可とは言いません。

※基本的にはプロにお願いする方向でまとめてください。

--------------------------------------------

例文

「不用品回収業者を利用するメリット!いざという時に助かる方法?」


粗大ごみなどの不用品が出た時、自治体に引き取ってもらうことが出来ます。しかし、あらゆる不用品を引き取ってもらうことは出来ません。そんな時には不用品回収業者に依頼することで引き取ってくれるメリットがあります。

引き取ってくれる範囲が非常に広い?手間をかけずに回収する!
自治体に不用品の回収をお願いしても、自治体で扱えないものは自分で不用品を指定の処理業者まで持ち込まなければならないので手間がかかります。家電リサイクルの対象になっているものは電気店に引き取ってもらうようにお願いする必要性がありますが、不用品回収業者は手間をかけずにあらゆるものを引き取ってくれます。自治体で扱えないものや個別に引き取りをお願いしなければならないものでも関係なく引き取ってくれたり買い取ってくれたりするメリットがあります。
また、不用品によっては無料で回収してくれることがあります。自治体に処分をお願いする時に有料となる場合がありますが、回収業者が無料で引き取ってくれるので経済的にも嬉しいメリットだと言えます。

いつでも回収が依頼出来る?日時を指定出来るので処分しやすい!
不用品回収業者に回収をお願いする場合、こちらから日時を指定することが出来るメリットがあります。自治体に回収してもらう場合だとこちらから日時を指定することは出来ません。自治体が指定した日時に合わせて不用品を外に出しておくか別のクリーンセンターに持ち込む方法がありますが、どちらも日時が指定出来ません。指定した日時を忘れてしまうこともあれば時間に追われて持ち込む暇がない場合もあるので、不用品の処分がスムーズに出来ない恐れがあります。
不用品回収業者はこちらから日時を指定することが出来るので都合の良い日に来てもらえますし、回収業者の状況によってはその日のうちに回収に来てくれる場合もあります。中には夜間受付や24時間受け付けている業者もあるので、急な不用品が出てきても安心出来ます。

無料見積もりを行う?詳しく伝えることでトラブルが避けられる!
基本的にどの業者でも不用品回収の見積もりを行ってくれるメリットがあります。電話以外にもメールやファックスなどでも見積もりをお願いできますが、ただ見積もりをお願いしただけでは後々トラブルになる可能性があるので、出来る限り詳しく情報を伝えることが大切です。
何を回収してほしいのか、その回収物の製品名やメーカー、寸法、状態や型番など家具や家電などの情報を正確に伝えることでより正確な見積もりを出してくれるでしょう。
ここで正確に伝えなかった場合、回収物が多い、回収物が大きいなどの理由で見積もりした時の値段を上回ってしまう可能性があります。また、複数の業者に見積もりを依頼すればもっとも回収費用を安く見積もってくれた業者に依頼することで回収費用を安く抑えることが出来ます。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】【不用品回収・買取、遺品整理】キーワードに沿って、お役立ちコラムを作成しよう!」のページ上部へ戻る