【900文字】【なりきり】子育て・介護についての当事者になりきり、体験談を作成しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

315

(1件あたり)

募集件数

20

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:81 回  お気に入り登録:2 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-08-23

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【900文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

●概要
--------------------------------------------

子育て、介護について指定タイトルに記載されている当事者になりきり、体験談を作成してください。

記事使用先:
子育てや介護の体験談をもとに同じ悩みを持つ人を勇気づけるような文章

想定読者:
子育てや介護の悩みを持つ人

記事使用先URL:
http://news.firstcall.md

------------------------------------------

●指定事項
------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・目線:指定タイトルに記載されている当事者目線
・固有名詞:NG

------------------------------------------

例文

▼導入文に記載する参考例文
投稿者プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1999年4月生まれと2004年10月生まれの二人の男の子を育てるフルタイムのワーキングマザーです。
子育ては想定外の連続で、周囲のみなさんに助けられてここまで来ました。息子たちに教えられたこともたくさんあります。
私の辿った道をシェアすることで、どなたかのお役に立てればと思っています。
ここでは、「あれ? うちの子、他の子と違う?」と感じた私がその後、どう対処して行ったかをお話しすることで、みなさんが感じている戸惑いができるだけ少なくなればいいなと願っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


うちの子とは?
うちの子とは1999年4月生まれの長男と2004年10月生まれの次男のことです。
息子たちについて、「あれ?」と感じたことがありました。その「あれ?」は
自分の子供時代のことや息子たちのお友達を見ていて、そう感じました。

--小学校進学-- (その1)

小学校では登下校時の送り迎えが不要になるので、ちょっと通学が楽になるイメージですね。
来春からの小学校生活に備えて、保育園の5歳児クラスでは午睡の時間が少なくなりますし、当番活動をしたり、ルールを守りながらお友達と遊んだり共同で作業したりするようになります。
このくらいの年齢になると、その子その子の持つ個性が出てきます。
小学校入学を前に、「あれ?うちの子は他の子と違う?」と感じることがあったとしたら、少し、気にしてみてください。
小学校生活に馴染むのに、もしかしたら一工夫必要なお子さんなのかもしれません。

*発達障害*
今の時代は、インターネットの普及により、誰でも家にいるまま、欲しい情報を容易に入手できるようになりました。
「扱いにくい子供」や「育てにくい子供」というキーワードを使ってインターネットで検索をかけたら、すぐに「発達障害」という言葉がヒットするでしょう。
みなさんも、発達障害、学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD、アスペルガー症候群)といった言葉は耳にされたことがあると思います。

発達障害については、発達障害者支援法の中で「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています(注1)。
注1 発達障害者支援法(平成十六年十二月十日法律第一六七号)第二条

ここで、小学校入学に際して一工夫が必要かもしれないと私が触れている子供たちは、特別支援学校の対象(注2)となる子供たちのことではなく、この「発達障害」のうち、知的な遅れがないLD、ADHD、高機能PDD、アスペルガーなどの子供たちです。
注2 学校教育法施行令第22条の3

これらの知的な遅れがないLD、ADHD、高機能PDD、アスペルガーなどは、以前は「軽度発達障害」と呼ばれていました。
「軽度」という語が発達障害の程度が軽いと誤解されやすいこともあり、最近では「発達障害」とだけ記載するか、あるいは(軽度)発達障害というように括弧で「軽度」を括って表記することが多いようです。
ここでも、どのような子供たちについてお話しているかをはっきりさせるために、(軽度)発達障害と表記することにします。

2013年のアメリカ精神医学会の新しい診断基準DSM―5で「発達障害」が「神経発達症」とされたことを受け、知的な遅れがないLD、ADHD、高機能PDD、アスペルガーなどの「発達障害」について「神経発達症」という名称を使う方もいらっしゃいます。
しかし、「神経発達症」にはチックやトゥレットなどの運動機能障害、吃音などのコミュニケーション障害も含まれてしまうので、「神経発達症」といった場合にはどのような子供たちについて話しているのか焦点がぼやけるリスクがあります。
もし、書籍やサイトで、「発達障害」や「神経発達症」といった言葉を見かけたら、(軽度)発達障害のお子さんたちのことを指しているとは限らないので、注意してよく内容をチェックしてみてください。

小学校入学に際して一工夫が必要かもしれないという観点から、かつて「軽度発達障害」と呼ばれていた、知的な遅れを伴わないLD、ADHD、高機能PDD、アスペルガーなどの子供たちについてお話しして行きます。
この(軽度)発達障害の子供たちについては、脳機能から、つまり生まれつきなので、その状態が治るわけではありません。
そして、決して親の育て方や育った環境に左右されて、軽度)発達障害となっているわけでもありません。
私は、掛かりつけの小児科医に長男が小学校5年生のときに「あなたの育て方が悪いからこうなった」と言われました。
とても傷つきましたし、「心の専門医という資格を取り、普通の小児科医よりは知識があるはずなのに、この認識か。。。」とがっかりしました。
生まれつきだからといって、前途真っ暗なわけではありません。
一工夫することで、状況は変わります

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【900文字】【なりきり】子育て・介護についての当事者になりきり、体験談を作成しよう!」のページ上部へ戻る