【700文字】指定されたテーマに沿って、キーワードを使用して説明文を作成しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

175

(1件あたり)

募集件数

30

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:27 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-08-23

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【700文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
●概要
--------------------------------------------

指定されたテーマに沿って、キーワードを使用して説明文を書いて下さい。

投稿された記事は、キーワードについての情報サイトで複数のテーマと組み合わせて使用されます。

------------------------------------------

●指定事項
------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・第三者目線から書いて下さい。
・固有名詞は、文章に必要な範囲で使用OK(企業名、商品名、サービス名はNG)
・文章全体が肯定的であれば、優劣をつける内容もOK

▼含めて欲しい内容
・読者にとって役立つ内容を書いて下さい。

------------------------------------------

例文

【タイトル】
腰部と足の疲れの原因とは

【要約文】
腰へ負担をかけ過ぎてる事が原因の脊柱管狭窄症治療には、手術や薬物療法、リハビリがありまます。リハビリをする際には、運動と日常動作に気をつける事が大切です。日常動作は腰を反らさないよう気をつけましょう。病院での指導を受け、リハビリしつつも日常生活からの改善が症状改善の鍵となります。


【段落1:見出し】
歩くと出てくる足の痛み

【段落1:本文】
脊柱管狭窄症という病気をご存知でしょうか。脊柱管と呼ばれる背骨に囲まれる空間には、腰や足への神経が通っています。その脊柱管が何らかの理由で狭くなる、つまり狭窄するという病気を脊柱管狭窄症といいます。腰と足への神経を圧迫するため、腰と足の痛みが主な症状です。また圧迫された時に強い症状が出るのが特徴で、歩き始めは問題ないのに暫くして足に痺れや痛みが出る間欠性跛行が見られます。治療法としては、手術、薬物療法、リハビリ、神経ブロックなどが挙げられます。脊柱管狭窄症になった原因によっては手術、薬物療法、神経ブロックがおすすめです。ただ原因が日常動作で腰に負担をかけ過ぎだった場合、これらは対症療法にしかなりません。その場合には、リハビリがおすすめです。

【段落2:見出し】
運動と日常動作が大切

【段落2:本文】
リハビリで大切なのは、適度な運動と日常動作に気をつける事です。運動でおすすめなのは、ドローインです。腹横筋と呼ばれるインナーマッスルを鍛える事ができます。方法は、まず背筋を伸ばします。そしてお腹を凹ませ、その状態で呼吸します。姿勢は、体力やTPOに合わせて、立った姿勢・座った姿勢・仰向けに寝た姿勢を選んで下さい。日常動作では腰への負担を減らす事に気をつけます。腰を反らすことで症状が強くなる事が多いので、高い物を取る時は台などを用います。また料理など長時間立ったままの姿勢は避け、どうしても必要なら片足を台に乗せて行います。椅子に座る時も浅く座らず、しっかり深く腰掛けましょう。また仰向けに寝る時は少し足の位置を高くしましょう。病院でのリハビリでは、脊柱管狭窄症の治療に必要な、筋肉を適度に鍛える運動を指導してくれます。病院で自分に適したリハビリを受けながら、日常生活でも筋肉が衰えないように気をつけましょう。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【700文字】指定されたテーマに沿って、キーワードを使用して説明文を作成しよう!」のページ上部へ戻る