【1500文字】安納芋に関するテーマに沿って、コラムを書こう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

525

(1件あたり)

募集件数

10

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:35 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2016-09-21

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1500文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

■概要
--------------------------------------------

安納芋に関するテーマ・タイトルに沿って、コラム記事を作成してください。

記事の使用先:
http://annou-imo.jp/

想定読者:
主婦や飲食関係者、食に関心のある人

記事の方向性:
安納芋の認知・関心の向上、サイトを通じて購入してほしい

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

・文末表現:「です・ます」調
・目線:サイト運営者目線
・比較:OK
・ネガティブ:NG
・固有名詞:使用OK

▼表記の統一
×さつまいも、さつま芋 → ◯サツマイモ

--------------------------------------------

例文

なぜ安納芋は鹿児島/種子島なのか

今や「デザート芋」とも賛美され、おいしさでファンが増加中の安納芋、その生まれや育ちをご存知でしょうか? 食べ物の文化には時として、面白いお話、感動のエピソードが隠されていることがあります。おいしいお芋に思いをはせれば、味もひときわおいしく感じられることでしょう。

なぜ種子島で発展したのか

種子島紫芋について、種子島紫芋とはの画像
まずサツマイモがどんな作物か、ちょっと考えてみましょう。 皆さんがご存知と思われることとしては、「畑で育つ」「秋、イベントみたいに芋ほりを楽しんだり」「冬は焼き芋!」と言うところでしょうか。 実はサツマイモ、寒さがとっても苦手です。日本での栽培は、春、暖かくなってから畑に植え、じりじりと暑い夏を元気に育って、秋が来て、寒くなると枯れてしまう、 と言うサイクルを取ります。もし秋が来なければ。寒くならなければどうなるでしょうか? ・・・サツマイモは枯れない、と言うのが正解です。実は「多年草」なのだそうです。 つまり、日本では枯れる寸前まで目いっぱい生長してもらい、お芋を収穫するスタイルを取っています。 ここまでくると、ちょっとピンとくるかも知れませんね。 日本でも、南に位置している鹿児島県、中でも雨が少ないとされる種子島。暖かいのですが、荒れ地で困っていたのです。 サツマイモの真価は、その強さにあります。どういう訳か、荒れ地でぐいぐい育つことが出来ます。その秘密は根にありますが、そのことがわかったのはほんの最近の話。 昔、飢饉で苦しんでいた民を救った、と言う時代には、知りえない事実でした。 菌根菌と言う「菌」が土の中にいて、サツマイモの根は彼らと同盟を組みます。菌はサツマイモから酸素など必要なものを提供していもらう代わり、土の中から有益な要素を探し出して サツマイモの根と結びつけます。 なんて言う素晴らしい同盟関係でしょうか。そのおかげで、かなりの荒れ地でも育つのです。 この菌根菌でよく知られているのは、枝豆など豆類の根粒菌です。彼らも同じように作物との同盟関係を持ちます。ともに荒れ地を耕し豊かにする植物として、農業関係者にはよく知られているものです。 種子島には台風が良く訪れます。さんざんひっかきまわした後、日照りがやって来ます。そう言った環境の中、どうにかせねば、と考えた当時の島主が、一つの噂話に賭けました。 「琉球には、荒れ地にも日照りにも枯れない作物がある。」 琉球へ親書を送ります。そしてそれは一年後、ひと籠の苗が贈られることで実りました。 サツマイモは、こうして根付きました。

安納芋の人気の秘密

種子島紫芋について、見た目や味の特徴の画像
食べた人をいっぺんに虜にします。水分が多く、上手に焼くと40度にもなると言われる糖度、しっとり、ねっとりと、一流のパティシエが作ったスイーツのような味と食感に、魅了されます。 生の状態でも16度はあるという糖度は、時間をかけてじりじり焼くことで40度まで高められます。そのメカニズムは以下の通り。 お芋の中にはでんぷんと、それを糖に変化させる酵素が入っています。この酵素は、65度から75度で一番うまく働けるそうです。できるだけ長い時間、この温度帯を保つことが出来れば、 最高に甘い焼き芋になる、と言うことができます。

ほかの地域で栽培された安納芋との違い

種子島紫芋について、安納紅芋との違いの画像
以外に思われる方も多いかも知れませんが、作物は土や気候、空気、そう言った環境を記憶しています。もちろん、脳があるわけではないので、私たち人間とは違う形で記憶を残します。 種には遺伝子と言う形で記憶が残ります。お芋では、新しくできたお芋に、何らかの情報が残るのかも知れません。不思議です。 つまり、次世代が少しでも良く生きるよう、望みのすべてを託しているのでしょう。 ある畑でとてもよく育つ作物があったとします。その持ち主にお願いをして、種なり苗を別けてもらったとしても、別の畑でうまく行くか、と言うと「保証はありません」と言うことです。 その作物が上手に育った環境を、何らかの方法で子孫に伝えてきているのです。 つまり、その土地の環境や天候、日照りが起きる頻度やその具合を一番熟知しているのは、その土地の農民ではなく、その土地で命をつないできた作物その物なのです。 安納芋と言う品種は、現在日本各地で栽培されています。ホームセンターやネット通販などでも苗の入手は可能で、ご自宅のお庭やプランターでさえ、栽培が可能です。 しかしそれは、本当の意味の安納芋ではない、と言うのが答えです。 種子島で、はぐくんできたのが安納芋です。そのおいしさに魅せられ、みんなで守って育ててきた長い歴史は、場所を変えて生産することでまた1からのカウントに戻ります。 地域の味は、地域でしか育ちえない、それが固定種のおいしさだと言えるでしょう。 チャンスがあればぜひ、本物を味わいましょう!

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1500文字】安納芋に関するテーマに沿って、コラムを書こう!」のページ上部へ戻る