【記事作成500文字@100円】胸に悩みがある女性の豊胸手術に対する前向きな興味

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

100

(1件あたり)

募集件数

100

作業ワーカー数

41

募集状況

終了

閲覧された数:229 回  お気に入り登録:7 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-04-10

  • 作業状況

    46 /  100 

    承認済み 承認待ち

仕事概要

初心者歓迎、5件まで投稿可能

仕事内容

【テーマ】
☆10代~60代の自分または知人女性の胸の悩み(授乳、加齢、体質その他)の内容。
☆その解決策として豊胸手術を受けるならば、どのような方法がいいか(プチ豊胸、ヒアルロン酸注入方式、コンデンスリッチ法=脂肪注入法など)
☆手術を受けるならばどのエリアがいいか(地元なのか東京なのか)
☆手術を受けるにあたっての不安や疑問点などを自由に記述

*個別の方法についてよく知らなくても、イメージで書いて結構です
*プチ豊胸は、低価格で、お試しに向いています。1年以内に体に吸収されるヒアルロン酸注入です。数か月でどんどん小さくなります。
*新型ヒアルロン酸注入はナグモクリニックが開発した10年ほど効果が続く方法です。痩せすぎていて脂肪吸引するほど体に脂肪が少ない人にも可能です。バストアップは1カップぐらい。
*コンデンスリッチ法は脂肪注入法の一種です。自分の気になる部分の脂肪を2~3か所からとって、それを胸に入れるので、自分の体にあるものなので定着しやすいのが特徴です。大手はほぼこの方式です。バストアップは1から2カップぐらい。
*それ以外に有名なところでは、池田ゆう子クリニック独自方式の脂肪吸引法があって、血小板をバストに入れることで、注入した脂肪を定着しやすくします。この方式が他院にも広がりつつあります。バストアップは1から2カップぐらい。
*大手の施術だと、手術前に見せてない限り、男性にまず豊胸はばれないそうです。


*今は局所麻酔なので、全身麻酔のリスクはなくなっています。

【数量】
1~5件(異なる内容であれば1人5記事まで可。主人公が同じ人の話でも、続編として5記事まで可)、過去に弊社の同様の案件で投稿した方も再度投稿可

【文字数等】
1件500文字以上のオリジナル文章!  

【記事タイトル】
各記事に必ず、全角10~30文字のタイトルを一言つけてください 例:「子供とプールに行きたいから豊胸手術に興味津々」

【NGなパターン】
豊胸手術は絶対やめるべき等の意見は、今回は非承認とさせていただきます。

【キーワード】
からなず、1度は豊胸手術という言葉を使って記事を書いてください。

【記事形式】
文章は短めで。適度に改行を入れてください。

【納品形式】
テキスト形式、記事タイトル+記事本文、1記事ごとに1テキストファイルでお願いします。
本文は500文字以上でお願いします。

【支払いタイミングについて】
承認・非承認は、納品後2日以内を目途に行なっています。

【その他注意事項】
• 記事はオリジナル文章で☆(既存サイトからのコピペの組み合わせは厳禁)
• 著作権は譲渡していただきます(ご自身での記事利用や、他への転用も厳禁)
• 不快な内容(アダルト、暴力、誹謗中傷の連続など)はNG。
• 同じ表現の連呼で無理やり文字数に膨らましたものはNG
• 翻訳その他ツールで生成された等の記事もNG

(注)コピペチェッカーを使っています。他のサイトからのコピーが発覚した場合、シュフティの運営に報告します。また、著作権侵害により弊社が被った損失についても請求させていただきます。

以上、よろしくお願いします。

納品条件

【タイトル】
10 文字以上
30 文字以下

【段落1】
・文字数制限なし
  • 豊胸手術 というキーワードを 1 回以上入れる

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【記事作成500文字@100円】胸に悩みがある女性の豊胸手術に対する前向きな興味」のページ上部へ戻る