【400文字】【調べてカンタン♪】相続に関する用語集を作ろう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

100

(1件あたり)

募集件数

40

作業ワーカー数

2

募集状況

終了

閲覧された数:233 回  お気に入り登録:1 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-04-28

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【400文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
●概要
--------------------------------------------

相続に関する用語について説明して下さい。

--------------------------------------------

●指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・第三者目線から書いて下さい

--------------------------------------------

例文

遺言がない場合、民法が相続人の相続分を定めていますので、これに従って遺産を分けることに
なります。これを 法定相続 といい、その相続人のことを 法定相続人 といいます。
 
 本来、相続とは被相続人の財産を承継することですから、被相続人自身が自ら築いた財産の行方
については、被相続人自身が決めることです。また、それを尊重するのは当然のことです。
 遺言とは、被相続人が亡くなる前に、その最終の意思表示を形にし、死後に実現を図るものです。
 
 しかし、遺言は人の死後に効力が生じるものであるため、一定の厳格な方式に従わなければなりま
せん。つまり、死人に口なしということで、せっかくの遺言が無効とならないためにも、かならず法律
で定められた方式によらなければならないとされています。
 
 世間ではよく、相続問題で親族同士が骨肉の争いをしていることを耳にしますが、そのような遺産争
いを未然に防ぐためにも、遺言をしておくことは大事なのてす。
 また、その人が事業家である場合には、その承継をスムースに行うためにも、遺言しておくことが必
要です。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【400文字】【調べてカンタン♪】相続に関する用語集を作ろう!」のページ上部へ戻る