【400文字】決済に関する用語の詳細を紹介しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

200

(1件あたり)

募集件数

10

作業ワーカー数

2

募集状況

終了

閲覧された数:124 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-06-11

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【400文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

●概要
--------------------------------------------

決済に関する用語の詳細を紹介する記事を作成して下さい。

--------------------------------------------

●指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「だ・である」調
・【第三者目線】から書いて下さい。
・優劣をつける表現、多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK
・固有名詞はキーワードに関するものであれば使用OK

参考URL:https://www.ipservice.jp/glossary/byod.html

--------------------------------------------

例文

BYOD

Bring Your Own Device(自分のデバイス持込)の略。社員が個人で所有するスマートフォンやタブレット等、デバイスの使用を業務で活用・推進することを意味する。

社外業務が多い人はもちろん、通勤時間等、合間の時間を有効活用でき、生産性向上が期待される。

○BYODのメリット

・従業員が自分の使い慣れた端末で、情報管理を一本化できるため、業務効率の向上に結びつく。
・ネットワーク環境を自宅や出張時に活用することで、使い勝手の良い在宅・遠隔勤務環境を構築できる。
・企業が従業員に端末を支給せずに済むため、コスト削減につながる。

○BYOD浸透の背景

・パソコンと同等の機能を備え、どこででもネットワークに接続できるスマートフォンやタブレット端末の普及。
・こういった私物端末のほうが、企業で支給される従来型のフィーチャーフォンよりも高性能であるケースが多い。
・端末の種類を問わずに利用可能なクラウド型サービスの普及。
「IPSかんたん決済」はこういった背景の中で、BYODのメリットを活かしたサービスのひとつとしてあげられる。

○BYOD普及の課題

メリットの多い一方で、企業のネットワーク/システム管理者にとってはセキュリティ上の懸念があるからこそ、うかつに私物端末の利用を許可できないという企業も存在する。
スマートフォン等にもインストール可能なセキュリティソフトやログ監視ソフトの商品化、IPSのPCモニタリングソフト「MIL(ミル)」のクラウド対応はデバイスの多様化や自由度が高まってきたことへの対応といえる。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【400文字】決済に関する用語の詳細を紹介しよう!」のページ上部へ戻る