【1000文字】海外FXに関するテーマに沿ってコラムを書こう!

記事作成・コラムのお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

記事作成・コラムのお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

16

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:72 回  お気に入り登録:1 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > 記事作成・コラム

納品希望日 2015-06-21

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

●概要
--------------------------------------------

海外FXに関するテーマに沿って、コラムを書いて下さい。

⇒国内FXから海外Fxへの乗り換えを検討する方
 (もしくはまだ"海外FX"という手段を知らない方)に向けた記事になります。

--------------------------------------------

●指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・優劣をつける表現、多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK
・固有名詞はキーワードに関するものであれば使用OK

▼ライティングの方向性
・国内のFXよりも海外のFXの方が規制も少なく儲けることができる、
 国内FXよりも可能性があることが伝わるような記事。
 (※国内FXをやっている方が、海外FXへ乗り換えたくなるような言い回し。)

▼含めて欲しい内容
・国内FX/海外FXの比較
・メリット・デメリット
・様々な局面にあたったときの対処方法
・具体的な計算式や、〇〇倍、といった数字表現

--------------------------------------------

例文

投資の手段のひとつとして"FX"があることはご存知のとおりですが、では国内のFXと海外のFXは何が違うのでしょうか。自分自身で選ぶことができるよう、まずは海外FXのメリット・デメリットについて取り上げたいと思います。

1.海外FXのメリット
海外のFX取引業者を使う魅力の一つとして挙げられるのは、レバレッジの高さです。
現在、法令の定めにより、個人のFX取引については、レバレッジは最高25倍までと上限が決められています。
一方、海外のFX取引業者は規制の対象外であるため、日本国内のレバレッジ規制は影響しません。その業者が属している国の法律が変わらない限り、100倍を超える高いレバレッジでの取引も可能です。ハイレバレッジで大きな利益を狙いたい投資家にとっては、この上ないメリットの一つと考えられます。
また、海外FX取引業者の中には、追加証拠金をゼロとするサービスを実施している業者があります。FXの取引を行っている間、証拠金は、為替相場の変動に伴って増減します。
証拠金がある一定の割合(ロスカットレベル)を下回ると、投資家の意思に関わらず、取引を自動的に決済するロスカットが実施され、預けた証拠金を超える損失の発生を回避しています。
テロや金融危機などにより、為替相場が急激に変動すると、国内の業者の場合追加の証拠金を預け入れることが求められます。一方、海外の業者のなかには、損失が証拠金を上回った時点で速やかに決済し、「追証ゼロ」のサービスを実現している業者があります。

2.海外FXのデメリット
国内と海外の制度上の相違に起因するデメリットについては、引き続き留意が必要です。例えば、メリットとして取り上げた上述のレバレッジについてです。
通常、高い利益(ハイリターン)が強調されがちな海外業者のレバレッジですが、数百倍もの高いレバレッジは、半面、大きな損失(ハイリスク)にもつながります。FXの初心者や、経験の浅い投資家などは注意が必要です。
また、投資家資産の安全性についても気を配る必要があります。
国内のFX取引業者に対しては、投資家からの証拠金を自社の資産と明確に分別し、全額を信託銀行などへ預け入れる(信託する)信託保全が義務づけられました。このため、現在は、国内のFX業者を使用すれば、投資家の資産はある程度保護されることになります。
一方、海外のFX取引業者の場合、分別管理(顧客の資産とFX取引業者の財産を区別して管理すること)は行っていても、必ずしも信託保全まで実施されているとは限らず、管理方法は業者によってまちまちです。
信託保全の義務化やレバレッジの上限規制など、法的な定めがあることから、国内業者の使用であれば、事前確認の必要のない項目に関しても、海外業者の使用の際には、確認が必要となる訳です。こうした労力はデメリットと考えることもできるでしょう。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】海外FXに関するテーマに沿ってコラムを書こう!」のページ上部へ戻る