【800文字】病気についてテーマに沿って説明しよう!

記事作成・コラムのお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

記事作成・コラムのお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

200

(1件あたり)

募集件数

39

作業ワーカー数

2

募集状況

終了

閲覧された数:131 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > 記事作成・コラム

納品希望日 2015-06-23

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【800文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
■概要
--------------------------------------------

病気や健康に関するキーワードについて、テーマに沿って説明して下さい。

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい
・優劣をつける表現、多少のネガティブ(リスク・注意点等)な内容OK
・固有名詞は文章に必要な範囲であれば使用OK
 (×具体的な病院名の使用はNGです。)

▼含めて欲しい内容
・具体的な症状・原因など、病気ごとの特徴
・気をつけること・してはいけないこと
・防ぐための方法

--------------------------------------------

例文

中耳炎

▼症状
中耳炎とは、中耳に炎症が起こる病気であり、多くは急性中耳炎のことを指します。細菌感染であることが多いですが、ウイルス感染の場合も有ります。中耳炎の中で最も多いものが、急性中耳炎です。代表的な症状は、耳痛や耳だれ、発熱、耳閉感(耳をふさがれたような感じ)などます。小さな子どもでは耳痛を訴えることができず原因不明の発熱や、機嫌が悪くなることもあります。原因不明の高熱を出したときは、念のためまずは急性中耳炎を考えましょう。また、麻しん(はしか)による全身免疫力の低下により、合併症として発生することもあります。
アデノイドが小さくなり、抵抗力が高まるため10 歳頃にはかかりにくくなることが多いです。耳管が幼少時に比較し長くなり、鼻から中耳への鼻汁等の流れ込みが少なくなることも関係しています。

▼原因
中耳炎は、細菌やウイルスが耳管を通り、中耳に感染することで起こります。例えば風邪をひいたとき、鼻やのどにある菌が、耳管を通って中耳に入り、炎症を起こすと中耳炎ということになります。赤ちゃんでは、吐いたミルクが耳に入ったことで中耳炎を起こすこともあります。
子どもに中耳炎が多いのは耳管が未熟で、大人よりも短く、太く、まっすぐなために鼻や喉の影響を受けやすいからです。また、アレルギー性鼻炎による耳管の粘膜の腫れ、アデノイドなどによる耳管の圧迫といったことが耳管の働きを悪くし、中耳炎を起こしやすくする原因となります。

▼予防方法・家庭での注意点について
急性中耳炎は風邪を引いたときの合併症として発症しますので、風邪を引いたときには
以下の点に注意しましょう。
・鼻の中をきれいにする
風邪を引いた時の黄色や緑の鼻水は中耳炎の原因になる細菌が混ざっていることが多いので、なるべく鼻水をすすらせないで、こまめに鼻をかませます。鼻をかませるときは、両方同時ではなく、片方ずつしっかりかませてあげましょう。鼻をかめない乳幼児は鼻水吸引器を使います。
※口で直接鼻汁を吸い取ったり、鼻汁をためる構造をもたないチューブを通して口で吸うタイプの物は、保護者に細菌が感染するので緊急時以外は避けましょう。急性中耳炎対策のために家庭用の電動鼻水吸引器を使っている方もいます。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【800文字】病気についてテーマに沿って説明しよう!」のページ上部へ戻る