【600文字】金属の表面処理に関するキーワードについて説明しよう!

記事作成・コラムのお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

記事作成・コラムのお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

210

(1件あたり)

募集件数

15

作業ワーカー数

1

募集状況

終了

閲覧された数:63 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > 記事作成・コラム

納品希望日 2015-07-04

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【600文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
■概要
--------------------------------------------

金属の表面処理に関するキーワードについて、説明文を作成して下さい。

※キーワードに関する特徴や種類といったより、
 具体的に説明する内容を踏まえて書いてください。

--------------------------------------------

■文章の書き方
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・優劣をつける表現、多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK
・固有名詞はキーワードに関するものであれば使用OK

参考サイト:http://www.parker.co.jp/products/tips/j_a.html

--------------------------------------------

例文

亜鉛めっきとは

亜鉛めっきは防錆を目的に鉄鋼に施されるめっきとしては代表的なもので、溶融した金属亜鉛を被覆する溶融亜鉛めっきと電気めっき法により被覆する電気亜鉛めっきがあります。亜鉛は鉄よりも電気化学的に活性であるため、腐食環境において優先的に反応して鉄を保護する作用を持っています。そのため、亜鉛めっきのままでは、亜鉛の腐食生成物である白錆を生じやすいので、表層にリン酸塩処理(パルボンド)や一時防錆処理(パルコート)が施されます。亜鉛は大気中では優れた耐食性をもちますが、水分に対しては鉄よりさびやすい性質があります。
亜鉛は自ら溶解し水酸化亜鉛(=白さび)となりますが、その間は鉄の腐食を防いでいます。
そのため、通常、後処理としてクロメート処理がなされ、さらに亜鉛の腐食を防ぐことで、更に耐食性を向上させています。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【600文字】金属の表面処理に関するキーワードについて説明しよう!」のページ上部へ戻る