【1000文字】生活に関するキーワードに沿って、お役立ちコラムを書こう♪

レポート・説明文作成のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

レポート・説明文作成のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

12

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:52 回  お気に入り登録:1 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > レポート・説明文作成

納品希望日 2015-07-01

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
■概要
--------------------------------------------

整理・収納・断捨離・節約に関するお役立ちコラムを書いて下さい。

--------------------------------------------

■文章の書き方
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK
・固有名詞はキーワードに関するものであれば使用OK

--------------------------------------------

例文

転職で失敗する人 5つの共通点

▼導入文
成功の数だけ、失敗もある。転職によって輝かしいキャリアを手にする人がいる一方で、失敗してしまう人もいるわけで…。選び方が悪かったといえばそうなのかもしれないけど、成功者も失敗者も元はといえば同じ転職意向者。いったい何が命運を分かつのだろう? 過去に12回の転職経験を持つ経済評論家の山崎元氏は、7勝4敗1分と自身の転職を振り返り、転職で失敗する理由は3つに大別できると話す。

▼第一段落:その1 「転職先での仕事内容の確認が不十分」
転職した先で、実際に自分がどのような仕事をするのかについて十分確認せずに転職した場合、仕事の内容に期待と現実の大きなギャップがあって、これに耐えきれなくなる場合が少なくない。転職先で、自分が具体的な仕事としては何をするのか、どんな部署の、誰の監督下で仕事をするのか、といったことについて、できるだけ具体的に確認しておくことが是非とも必要だ。しかし、求職者の側では、会社のブランドイメージのみで転職を評価したり、勝手に自分がやりたい仕事が出来ると思い込んだりする場合が少なくない。仕事に対して勝手な印象を持って入社しても、自分が関わる仕事がこの印象通りでない場合が多く、最終的には職場に対する不満につながってしまう。

▼第二段落:「相談できる親のような存在がいない」
転職後に自分を後見し指導してくれるような立場の人がない場合、あるいはその人との相性が悪い場合も転職で失敗しやすい。中途採用の場合、通常は、部下を採用したいマネージャーが採否の意思決定権を握り、その採用に対して責任を持つ形になることが多い。自分の採用を決めてくれる人物は、転職先における「親」のような存在になる。転職者は時に孤独だし、注目されやすい分ストレスも感じやすい。仕事のあれこれを相談できるような「親」がいない状況で働くのはストレスが大きい。また、仮に転職の「親」的な人物がいるとしても、その人物との相性が悪い場合には、職場が楽しくないものになる公算が大きい。

▼第三段落:「焦りからくる転職候補先の美化」
急いで決めた転職も失敗になる場合がしばしばある。転職しようと思う理由として、現職場の人間関係などが不快であるケースがかなりの割合を占めるが、こうした場合、早く現職場から足抜けしたいと思うあまり、転職候補先を必要以上に美化する場合が少なくない。

▼まとめ:ベストを尽くして行動することが一番
人生は、不確実性を恐れていては何も出来ないものなので、選択にベストを尽くしつつも、実際に新しい職場に入ってみるしかない。この場合、先に述べた転職の「親」のような立場の人と共感しあえる良い関係を作ることが出来れば、職場環境について相当に我慢が効く。「この人と働きたい!」と思えるような人と働くこと、そういう人物を見つけることに注力することと共に、冒頭に述べたように、仕事の内容をしっかり確認して決定することが、転職での失敗を減らすポイントになる。



慌てて転職を決めて、入社してから「こんなはずではなかった」と思ってまた転職しようと思う、という悪循環に入る可能性がある。慌てて転職を決める傾向のある人は注意してほしい。

転職先で自分がどんな仕事をするのかを具体的に思い浮かべ、かつ、自分は今回の転職に何を求めているのか、ということを十分自問してから転職を決めるべきだ。転職に求めるものは、やりたい仕事、レベルアップした仕事、より多い収入、より良い職場環境、望ましい生活スタイルとの両立など、人によりケースによって様々だが、自分が少なくとも何を達成しようと思って転職するのかをはっきりさせておくことが重要だ。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】生活に関するキーワードに沿って、お役立ちコラムを書こう♪」のページ上部へ戻る