【600文字】【承認激早!】着物などの買取りに関する記事を書こう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

150

(1件あたり)

募集件数

62

作業ワーカー数

0

募集状況

終了

閲覧された数:83 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-08-22

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【600文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
■概要
--------------------------------------------

着物・切手・古銭・毛皮の買取りに関する記事を作成して下さい。

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・主観OK(目線の指定はありません)
・優劣をつける内容、多少のネガティブ(リスク・注意点等)もOK
・固有名詞はキーワードに関するものであれば使用OK
・「~たり」を使う際は、「~たり、~たり」というように2回使用して下さい。

・「個別の指定事項」に従って記事を作成してください。

--------------------------------------------

例文

買取のポイントと高価買取の相場を紹介します。
着物は大きく分けて紬等の「織り着物」と友禅染め等の「染め着物」に分けられます。
織り着物は先染め着物とも呼ばれ、糸のうちに色を染めており上げる反物の事を言います。
代表的なものに紬・御召・木綿絣などがあります。中でも大島紬や結城等が有名です。 織り着物に比べて格が高いとされる染め着物は糸を染めずに白糸の状態で反物にし、後から色や柄を付けることから後染めの着物とも呼ばれます。
有名な物に友禅染め、小紋染め、ちりめん、綸子、羽二重等があります。
そういった着物の知識も買取に関わってきます。 業者によっては枚数で価格を出したり、重さで値段をつけるところもあります。
そういったことがあるのも現状です。

呉服屋さんでは、流通過程の段階で大幅に利益を上げないと、柄遅れや汚れが発生して成り立たない商売です。
物や状態にもよりますが買取相場はピンキリで、だいたい買ったときの100分の1の金額のものや、買値のおよそ5分の1以下になるものもあります。
流行りの柄でも新品買値の10%、未着用の新古品買値の5%、綺麗な中古品買値の3%とも言われます。
買取業者によっても様々なので何社かまわるのも手です。
それ以上の値を付けるのは、作家物や余程のブランド物の場合だけです。
未使用品 全く使用していない品物で、保管状態もとてもよく、仕付けや端切れなどがあります。
汚れのない中古品 数回使用した品物で、保管状態もよく、汚れ・シミ・色ムラ・色ヤケなどがなくとてもきれいな品物は査定額が上がります。
少し汚れている中古品は衿にうっすら汚れがあったり、裏側に汗ジミが少しありますが、使用には問題のない着物です。
着物は生地・柄・仕立て・サイズなどを調べるのに品物を直接手にとって査定しないと正確な買取金額を出すことはできません。
買取金額は目安として考えてください。
よく書いてある相場は普通サイズからやや大きめの買取相場です。
小さいサイズの品物は極端に査定額が下がります。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【600文字】【承認激早!】着物などの買取りに関する記事を書こう!」のページ上部へ戻る