【1000文字】接骨院や体に関するテーマに沿ってコラムを書こう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

20

作業ワーカー数

1

募集状況

終了

閲覧された数:71 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-08-26

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
■概要
--------------------------------------------

接骨院や体に関するテーマに沿ってコラムを書いて下さい。

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK
・固有名詞は、キーワードに関するものであれば使用OK

--------------------------------------------

例文

冷え性について

自分の足とは思えないほど感覚がマヒしてしまう、足先の冷え性。ジンジンと痛くなるほど冷えきってしまい、眠れない夜を過ごしていはいませんか。中には、しもやけになり、完全に感覚がマヒしてしまっている人もいます。たくさん靴下をはいても、どれだけ温めても、なかなか改善できないと、「体質だから仕方ない…」と、諦めてしまう人は多いかもしれません。

しかし、思い出してください。あなたの足先はきちんと血の通った体の一部です。あなたが生きている限り、あなたの足先は必ず自ら温まる力をもっています。

じつは足先が冷えやすい人にはある3つの習慣があります。この記事では、その習慣を改善し、本来の温まる機能を取り戻すための秘訣をご紹介します。365日ポカポカの体で、自由な毎日を手に入れてください。

▼1段落:足先は自ら温まる力を持っている
自分のものとは思えないほど、感覚のマヒしている足先の冷え性。しもやけになったり、変色してしまったりと、あまりの痛さに気が狂いそうになる事もあるかもしれません。
それとは裏腹に、同じような服装をして、同じ場所にいるのに、なぜかあなたよりも温かそうにしている人もいますよね。そんな時、「足先の冷え性は体質なのかな…」と、諦めてしまいそうになります。
しかし、あなたの足先がどれだけ冷えていようと、どれだけ感覚がマヒしていようと。あなたが生きている限り、その足先は自ら温まる力をもっています。
ストーブがなくても、靴下の重ねばきなんてしなくても、半身浴をしなくても、自らの力で温まることができるのです。

▼2段落:足先が冷たくなるのはあなたを守る為の反応
足先が冷たくなると、多くの人はなんとかして温めようと、必死になります。しかし、手足が冷たくなるのは、体にとって大切な反応でもあるのです。
体が冷えていると、ぬるいお湯にはいっても、熱く感じるときがありますよね。それとは反対に、体が温まりはじめると、今度はお湯がぬるく感じるようになります。
このように、皮膚の温度を変化させることで、体内の温度を適温に感じるように保つ仕組みがあるのです。
寒いときに皮膚が冷たくなるのは、体内に熱を閉じ込めるための大切な反応。つまり、それほど、あなたの体は賢い反応をしているということです。
そんな賢いあなたの足先。きちんと対処をしてあげれば、かならず温まる機能はよみがえっていきます。

▼3段落:靴下の重ねばきや、硬い靴をやめる
足が冷えないように、靴下の重ね履きをしたり、モコモコのスリッパを常用していませんか。もしくは、ヒールや革靴などの硬い靴をはく機会がおおく、足の動きを制限してはいないでしょうか。
本来歩いているときは、足がそるように曲がったり、足先が地面をつかむような動きをします。しかし、靴下や硬い靴を履いている時間が長いと、足がうまく動くことができずに、血流が滞りやすくなります。
ただでさえ血の巡りが悪くなりやすい足先を固定してしまうことで、毛細血管は消滅していき、どんどん冷えやすい足になってしまのです。
できるだけ家では、薄めの靴下にしたり、外ではスニーカーを履くことで、足を自由にする時間をつくりましょう。ON・OFFの時間をつけて、足本来の動きを取り戻すことができます。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】接骨院や体に関するテーマに沿ってコラムを書こう!」のページ上部へ戻る