【600文字】【承認激早!】着物や毛皮などの買取・豆知識について紹介しよう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

150

(1件あたり)

募集件数

500

作業ワーカー数

5

募集状況

終了

閲覧された数:79 回  お気に入り登録:2 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-08-25

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【600文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
■概要
--------------------------------------------

古銭、着物、毛皮、切手の買取についてや、豆知識を紹介して下さい。

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK
・固有名詞は、キーワードに関するものであれば使用OK

--------------------------------------------

例文

着物には様々な種類がありますが、その中で「引き振り袖」という存在を聞いた事があると思います。
引き振り袖というのはどのような状況で着る着物なのか、知っておくことで着物に対する知識をまた1つ、知る事が出来ます。
引き振り袖はおひきずり、本振袖、大振袖とも呼ばれています。
未婚女性の第一礼装に当たりますので、婚礼の席で花嫁が着る服装になります。
引き振袖の見た目の大きな特徴として、おはしょりをしていません。
長くなる分、裾を引きずるように着ます。
引き振袖には様々な色合いがありますが、中でも黒引き振袖が人気があります。
昔から着られていたのですが、ここ最近、再び選ばれるようになっています。
江戸時代では武家へ嫁ぐ際に正式な婚礼衣装として着られていました。
後に昭和の初めまで黒引き振袖は多く選ばれていました。
ここ最近、再び黒引き振袖が選ばれている理由としては、仕立てが関係しています。
本来、引き振袖は婚礼時に着た後は既婚女性になりますので、未婚女性の第一礼装となる引き振袖は着る事が出来なくなってしまいます。
そこで、結婚式で着た黒引き振袖を仕立て直し、黒留袖として再び着る事が出来るという事が可能なので、永く愛用する事が出来る為に、黒の引き振袖を選ぶ方が増えてきているのです。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【600文字】【承認激早!】着物や毛皮などの買取・豆知識について紹介しよう!」のページ上部へ戻る