【1000文字】電気工事やLAN工事に関するコラムを書こう♪

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

20

作業ワーカー数

2

募集状況

終了

閲覧された数:70 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-09-05

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※
■概要
--------------------------------------------

電気工事やLAN工事に関するテーマに沿って、コラム記事を書いて下さい。

⇒オフィスを新設する企業に向けた記事になります。

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・多少のネガティブ(リスク・注意点等)はOK

※数値を使う際は数字の前に「約」を付け、
 小数第1位まで記載して下さい。

--------------------------------------------

例文

オフィス移転にともなうLAN工事の注意点

▼LAN工事のポイント
移転する際には、将来のことを考えた配線工事をする必要があります。レイアウト変更のたびに配線工事を行うのは、コストも手間も掛かります。それを回避するための方法の一つが、基幹LAN等を床下に埋め込むというものです。この方法を取り入れることで、レイアウト変更時に配線の整備をし直す手間が省け、結果的にコスト削減につながります。
その他にも、床や天井、間仕切りの中にLAN配線を通すなど、安全でコストのかからない配線方法はさまざまあります。

▼配線整理の重要性とは?
線が切れてしまうなどのトラブルを防ぐためにも、配線整備はきれいに行いたいもの。その方法の一つに、フリーアクセスフロアがあります。これは、配線をフリーアクセスフロアの下に収納して、ケーブルの乱雑さや損傷から守るというものです。
また、ケーブルが収納できる配線ダクトや、ケーブルフック、配線ホールなどが備わったデスクを用意し、フリーアクセスフロアからオフィス内に取り出されたケーブルがスムーズに配線できるようにしておきましょう。

▼オフィスのLAN工事の流れ
LAN工事は次のような流れで進みます。
まずは、現状把握です。専門業者によっては現地に来て調査を行います。調査内容に合わせた見積もりを作成・提出してもらいます。合意が出たところで、発注・工事日程の調整をし、その後工事、配線をします。
配線図は、できるだけ移転前に作成するのが理想です。移転後に業務拡大の可能性があるのであれば、それも踏まえた設計をしましょう。将来を見据えた配線を行うことで、増設費用などの無駄なコストを省くことができます。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】電気工事やLAN工事に関するコラムを書こう♪」のページ上部へ戻る