【1000文字】ミシンに関するテーマに沿って、コラムを書こう!

ブログ・体験談のお仕事依頼、求人募集 



このお仕事はすでに募集終了しています。
このクライアントをブックマークすると、このクライアントの新しいお仕事をメールで受け取ることができます。

現在募集中のお仕事一覧

ブログ・体験談のお仕事依頼、在宅ワーカー一覧

 

在宅ワークのお仕事依頼情報

予算

350

(1件あたり)

募集件数

20

作業ワーカー数

1

募集状況

終了

閲覧された数:62 回  お気に入り登録:0 人  質問:0

依頼タイプタスク

カテゴリー ライティング > ブログ・体験談

納品希望日 2015-09-03

仕事概要

-

仕事内容

--------------------------------------------
この案件は【1000文字以上】で投稿するお仕事です
--------------------------------------------
※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

■概要
--------------------------------------------

ミシンに関するテーマに沿って、コラムを書いて下さい。

--------------------------------------------

■指定事項
--------------------------------------------

文末表現:「です・ます」調
・【 第三者目線 】から書いて下さい。
・多少のネガティブ(リスク・注意点等)OK

※数値を使う際は数字の前に「約」を付け、小数第1位まで記載して下さい。

--------------------------------------------

例文

ミシンの使い方ワンポイントアドバイス

▼縫い目をまっすぐに縫うコツ
縫い目をまっすぐに縫うことができない。そんなときに気をつけるのがまずは姿勢です。ミシンの正面に向かいまっすぐ座ります。ミシンに対して、まっすぐに座っていないと斜めに見えてしまい、徐々に縫い目がずれることがあります。このとき、布端を合わせる位置を決めて、布地を手で軽く添えて縫い進めるとスムーズです。

次に気をつけなければいけないのが視線です。手元の針を集中していると縫い目がずれて歪みやすくなります。布端の位置に意識を集中させるよう意識すると、まっすぐに縫いやすくなります。

▼カーブ部分を綺麗に縫うコツ
カーブ部分は伸ばして縫ってはいけません。ミシンで生地を縫うと、必ず押えの圧力がかかってしまうため、差動もかけずに一直線に伸ばして縫うと綺麗なカーブは描けず、波打ったカーブがかかってしまいます。

まずは、試し縫いをするのがコツ。どれくらいカーブさせたいかを想定して試し縫いを行い、適切な差動にセットします。セットしたら、カーブのラインに合わせて、ゆっくりと縫い始めます。このとき、片手でカーブの終わりあたりを持って安定させ、もう片手で生地を移動させていくとスムーズです。このとき、生地を引っ張らないようにするのもコツです。

▼縫い目の長さの調整
針が下りてから次の針が下りるまでの距離を縫い目の長さと言います。生地の厚さによって、縫い目の長さを調整することで、綺麗な縫い目にすることができます。

薄い生地の場合は縫い目の長さを細かくし、厚い生地の場合は縫い目の長さをあらくするのがポイント。薄い生地にあらい縫い目にすると生地が縮んでしまい、厚い生地に縫い目を細かくすると生地が伸びてしまい、しわの原因になります。

また、縫い目長さが調整できない機種もあるので、購入の際は注意が必要です。

エリアの指定(β版)

指定なし

このお仕事の質問はありません。

作業をした在宅ワーカー 

送信中です。
そのまましばらくお待ちください。

このお仕事に似た在宅ワークのお仕事はこちら

送信内容のご確認

送信内容をご確認ください。
ご質問および回答は仕事詳細上に公開されます。
相手に対する個別の質問および回答ではありませんのでご注意ください。

送信内容のご確認


「【1000文字】ミシンに関するテーマに沿って、コラムを書こう!」のページ上部へ戻る