“SEOを意識した文章”とは ?検索エンジン最適化SEOはこんな仕組み

Webライターの仕事をしていると目にする単語「SEO」とは?

Webライターの案件を見ていると、「SEO用の記事を書いたことのある方優遇」というような文面を目にしたことがありませんか?このような条件を見て、そもそもSEOって何だろう?資格?だったらそんなの持ってないから無理……。なんて思ったことはありませんか?

いえいえ、SEOは資格ではありません。SEOとは“Search Engine Optimization”、“検索エンジン最適化”とも言われ、「GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索を行った時になるべく検索上位に表示させる方法や技術」のことです。

なぜWebライターにSEOの技術が必要か?

クラウドソーシングを通じて発注があるライティング案件は、その殆どがWeb上に掲載される文章です。その中にはコンテンツへのクリックを集めたいアフィリエイトに使われる案件も少なくありません。そのような案件の場合、SEOの技術を身につけてクライアントの要望に応える文章を提供することによって、仕事の継続やリピートに繋がります。

「良い検索エンジン」は「調べたい事が調べられる検索エンジン」

ここで少し話が横に逸れますが、「良い検索エンジン」とはどのようなものでしょうか?それは「ユーザーが調べたいことがすぐ分かる検索エンジン」です。

検索エンジンは「良い検索エンジン」であるために、広大なインターネット上の情報からキーワードに適したページを探し出し、そのページが「ユーザーが調べたいキーワードにどれくらい適しているか」を決めます。例えばGoogleでは検索結果を表示する順番を決める指標は200ほどあり、その指標は次々と更新されていると言われています。

では、検索エンジンの上位に表示されるような文章とは、どんな文章なのでしょうか?ここからは、SEOに適した文章を書くコツをWebシステムの仕組みを交えて説明していきたいと思います。

ポイント① タイトルや見出しにキーワードを含める

その指標の一つと言われているのが「タイトル」や「見出し」にキーワードが含まれていることです。

タイトルや見出しを付けるよう指定されている案件の場合は、その記事の主なキーワードをタイトルや見出しに含めると検索エンジンが優先して検索上位に表示すると言われています。

ポイント② キーワードは最初の100語位内に

また、キーワードが文中の最初の100語位内に入っている場合も同様に優先されると言われています。

タイトルや小見出しにキーワードを入れることも同様ですが、主張したいキーワードが記事の冒頭に出てくることはSEO的にも有効であると同時に、記事の構成としても読者を文章に引き込む有効な手段と言えますね。

例えば、ポイントの1と2を踏まえて「A社のBという口紅が発売されたリリース記事」を書く場合は、

タイトル:鮮やかな発色で艶リップに。A社からBが新発売
小見出し:注目の口紅が10月1日から販売開始
本文:A社からが新製品のリップBが発売される。~~ 

このような「A社・B・新製品・新発売・リップ・口紅・10月1日(発売日)」という検索キーワードを想定した文章がSEOを意識した文章だと言えます。

ポイント③ 正しい文章や誤字もチェックされる

文法的に正しい文章であることや誤字脱字がないことはライターとして仕事をする上で気を付けなければならないことの一つですが、検索エンジンもこれらの観点をチェックするようです。このような観点がチェックされるのも優良なコンテンツをユーザーに提供するためと言えるでしょう。

ポイント④ 実は大事な「参照リンク」

記事を書いていると文中の参照や引用としてリンクを貼ることがあります。Googleは外へ向けたリンクがあるページを「信頼できるコンテンツ」として受け取ると言われ、検索結果順位に影響すると言われています。

記事のネタ元や引用元のリンクが指定できる案件の場合は、記事の確実性を示すためにもなるべく指定するようにしたいですね。

ポイント⑤ SEO的にもコピペは「ダメ、ゼッタイ」

ライティングの仕事をする上で「他のコンテンツからのコピー&ペーストは厳禁」というのはライターなら当然のルール。もちろん著作権や倫理的な意味もありますが、実はSEO的観点からもWeb上に類似したコンテンツがあると検索表示順位に影響があると言われています。

SEOに王道なし?ポイントを抑えた記事を書き続けることが大事

200あるSEOの指標と言われているものは、今回挙げたもの以外の殆どはWebページ構成に依存する項目で、文章が与える影響力の割合は少ないかもしれません。また、指標も次々と更新されていくため「SEO的に正解の文章」というものはありませんが、これらの仕組みを知り、意識したライティングを続けていくことで案件受注に差が出てくると思います。

また、これらポイントの「SEOに適している」という観点を外してみてください。すると、単純に「信頼できるコンテンツであること」が分かります。

SEOに王道なし。元ネタをしっかり確認し、丁寧で読みやすい文章を心がけることが即ちSEO的ライティングとなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

mori_m

mori_mシュフティワーカー

SEから出産を機にライターに。SEOを意識した記事作成をしています。
得意な分野はIT、グルメ、美容。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る