ベンチャー企業こそ積極的にクラウドソーシングを活用すべき

「ベンチャー企業こそ積極的にクラウドソーシングを活用すべきだと思います。」そう語るのは株式会社ロマンクルー代表の能登氏。自身もロマンクルー社を2013年2月に立ち上げ、立ち上げ当初よりシュフティを利用している。新進気鋭の起業家が何故クラウドソーシングを利用するのか。その理由を聞くことができた。

株式会社ロマンクルー 代表能登氏

起業前からクラウドソーシングに興味があった

– まず事業概要について教えていただけますか?

当社は成長ベンチャー企業向けに情報資産活用コンサルティングを行なっています。情報資産活用コンサルティングというと少し難しいですが、噛み砕いていうとシステムの企画設計と開発です。

通常のシステム開発会社ではビジネスモデルや経営課題の理解まで踏み込んだシステム開発ができず、結果として出来上がったものが的はずれになってしまうことがあります。私自身が元々エンジニアとしてキャリアをスタートさせた後、ファインドスターというベンチャー企業で企業内の情報インフラ設計や新規事業開発に関わっていたため、ビジネスモデル自体の設計からお手伝いできることが当社の強みです。

また第二の事業としてアッパーミドル層向けの幾つかのWEBメディアの企画・開発を予定しており、現在準備を進めております。

‐シュフティを知ったきっかけは何だったのでしょうか?

実は起業前のファインドスター社時代にシュフティ運営元の株式会社うるるの方と知り合ったのがきっかけでシュフティを知りました。当時から「面白いサービスだな」と思っていて、社内でニーズがありそうな部署に紹介していました。ただ自ら使う機会がなく、起業後の今回が初めての利用となりました。 

早い!安い!うまい!

 -ご利用いただいた感想はいかがですか?

とても良かったですね。一言で言うと「早い!安い!うまい!」という印象です(笑)

今回は現在準備中のWEBメディアに掲載するコンテンツのためのデータ収集に利用したのですが、まず仕事登録してから30分程度ですぐに4~5件の見積りが集まったので驚きました。その時は1名だけに発注する予定だったので、すぐに見積り募集を締め切りましたが、仕事を登録してから1時間と経たずに業務が発注できるというスピード感がすごいですね。

集まった見積りの中も想定していた価格より2分の1程度のものが多く、その安さにまた驚きました。結果的に実績とプロフィールを参考に1名の方に発注したのですが、納期より2~3日早く納品があり大満足でした。

リスクの低いクラウドソーシングはベンチャー企業に必須

– 今後もシュフティを活用されますか?

当社だけでなく設立したばかりのベンチャー企業は、人件費などの固定費をなるべく抑えられるように意識しています。そのため雇用をする必要がないリソースであるクラウドソーシングは非常に魅力的で今後も活用したいと考えています。

個人的な意見なのですが以前派遣やアルバイトという形で主婦の方と仕事した際に優秀な方が多く、今回シュフティを利用しようと思ったのも主婦の方に発注したいと思ったからです。今後もデータ入力などの事務作業はシュフティを利用して主婦の方に発注していきたいですね。

-今日はお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

ユーザー情報

会社名
株式会社ロマンクルー
氏名
能登 学 様
事業内容
成長ベンチャー企業様向け情報資産活用コンサルティング事業
WEB
シュフティプロフィール
http://www.shufti.jp/users/profile/26541/outsource
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る